大川美術館について
公益財団法人大川美術館は,桐生市出身の大川栄二が約40年にわたって収集した日本・海外の作家のコレクションを中心に,市の支援を得て、平成元年に市内を一望できる水道山の中腹に開館いたしました。
各展示室にはソファーを配置するなどの工夫で、自宅で絵を見ているような、暖かい雰囲気でゆっくり過ごせるような「逢いたいときにいつでも逢える名画の館」を目指しています。数々の名画と共に、緑豊かな水道山の四季折々の変化を楽しめるカフェでの、ゆったりとしたひとときもお楽しみ下さい。

>>大川美術館詳細はこちら


竣介のアトリエ再見
プロジェクト」
現在開催中の展示 
次回開催予告

  >>過去の展示一覧はこちら




友の会会員

友の会は大川美術館と共に、美術文化の向上に努め、豊かな人間性を求めて心の時代にふさわしい活動を展開し、会員相互の親睦をはかることを目的として発足しました。
美術館創立以前に「大川美術館建設に協力する会」として、市民有志から自発的に生まれたものです。

>>友の会詳細はこちら

メンバーシップ会員

当館は一地方の私立美術館ですが、平成元年開館後、ユニークな個性派美術館として全国 的認知を享受しつつあります。
つきましては、このための厳しい財政運営を踏まえて、メセナ精神に基づくメンバーシップ会 員制度を設け、全国的期待に応えるべく皆様のご支援をお願いしております。

>>メンバーシップ詳細はこちら