企画展№93
コレクションにみる
ヨーロッパ旅行~それぞれの異国風景~

2014年4月5日(土)~6月29日(日)
近現代の日本人画家がヨーロッパ各地を訪れ描いた絵画は、見る者もまた旅へと誘う。清水登之がパリに到着した年の暮に描いた《パリの床屋》、その奔放な筆致が印象的な里見勝蔵《パリ郊外》、ドイツ、ハンブルク時代の一時期に描かれた島﨑翁助のセピア調の作品などを紹介。展示室でヨーロッパ旅行気分に浸る。
企画展№93<br>コレクションにみる<br>ヨーロッパ旅行~それぞれの異国風景~<br><br>2014年4月5日(土)~6月29日(日)
企画展№93<br>コレクションにみる<br>ヨーロッパ旅行~それぞれの異国風景~<br><br>2014年4月5日(土)~6月29日(日)
<< 前の記事へ  次の記事へ >>