常設展

展示室1






















マリー・ローランサン《女性の半身像》1930年代

板倉 鼎(1901~29)は東京美術学校西洋画科を卒業後
妻・須美子とともに1926年パリに留学します。エコール・ド・パリの
時代各地から多くの画家が訪れ、日本人画家も150人を超えるほど
在留していたといわれています。板倉はフランス人画家ロジェ・ビシエール
(1888~1964)に学びながら、美術学校で同級だった岡 鹿之助(1898~
1978)たちと交友、互いに切磋琢磨して制作していました。しかし
1929年9月に敗血症のためパリで亡くなりました。
28歳で夭折した画家の作品は岡たちの尽力で日本に持ち帰られ
ご遺族によって大切に守られてきました。













板倉 鼎《リラの葉を持つ少女》

展示室2


















再見された松本竣介のアトリエ
























靉光《蝶》広島市現代美術館蔵